仕込みの時間

フリーランス2年目の映像クリエイター、るかっちがフリーランスとしての気づき、映像制作、シナリオ作成のTipsなどを紹介

【Tips】VimeoとYoutubeを連携させて動画のアップロードをカンタンに!

Vimeo?それともYoutube

作成した動画をどっちの動画配信サービスにアップロードするか、悩んでる方は多いと思います。

Youtubeの方が多くの人に見てもらえるけど、プロクリエイターには昔からVimeoを使ってて、これまでの実績や作品はVimeoにまとまってるんだよね?という方も多いハズ。

両方にアップロードするのが一番ですけど、それは地味にめんどくさい。
そんな怠け者のあなた!(はい、ボクです)
イイ知らせです。

じつは!
Vimeoには、アップロードした動画を数ステップでYoutubeに転送する機能があるのです。

動画をVimeoに動画をアップロードして、YouTubeへと転送する事で、
ちょっとだけ簡単に2つのサイトに動画をアップロードする事ができるのです。

 このエントリーでは

この2つのステップごとに「Vimeoにアップロードした動画をYoutubeに転送する」方法をお伝えします。

では行ってみよう!

1.VimeoとYoutubeのアカウントをひもづける

前提条件として、Googleアカウントを取得しているログイン状態である必要があります。まぁYoutubeとの連携を考えている人であればGoogleアカウントは所持していると思うので大丈夫とは思いますが。


1-1.【設定】
メニューを開きます。

f:id:rukacchii:20180606150629p:plain

 

1-2.【アプリの接続】をクリック!

f:id:rukacchii:20180606150709p:plain

 

1-3.ずらりと並んだ外部接続アプリからYoutubeを選択して【接続】をクリック 

f:id:rukacchii:20180606150812p:plain

1-4.連携したいGoogleアカウントとチャンネルを選んで完了。
接続済に変わっていたら成功です。

f:id:rukacchii:20180606150914p:plain
これでVimeoとYoutubeのアカウントを連携させることができました。
では実際に動画を転送してみましょう。

 

2.VimeoからYoutubeへと動画を転送する

2-1.動画管理画面から、Youtubeに転送したい動画の【共有】を選択【ソーシャルメディアで共有】を選択します。

f:id:rukacchii:20180606151455p:plain

2-2.どのソーシャルメディアで共有するかを選べるので、Youtubeにチェック

f:id:rukacchii:20180606151538p:plain

2-3.タイトルやタグを入力します。
すでにVimeoで設定していれば、それが反映されるので2度手間にならないですね。

f:id:rukacchii:20180606151729p:plain

転送後、すぐに公開されたくない人は【プライバシー】をprivateに設定しておくと非公開状態で転送されます。

2-5.入力が完了したら【次へ】ボタンをクリック。
アラートが出る場合がありますけど非公開モードにしておけば大きな問題はないでしょう。これで完了です。

試しにYoutubeを見てみると、転送されているが確認できます。
タイトルやサマリー、公開設定などもちゃんと反映されています。
f:id:rukacchii:20180606152357p:plain

 

以上です。
実際やってみると「これだけかよ?」ってくらい簡単です。
たとえば制作途中のレビューはVimeoのレビューページを使って行い、完成後はYoutubeに転送をして、そちらを広く本公開するといった使い方もできます。

この機能はVimeo Plusから提供されているので有料契約をしているクリエイターの方はぜひ一度試してみてください。

 

るかっち(@rukacchi1)でした。