仕込みの時間

フリーランス3年目の映像クリエイター。スタジオランチボックス主宰の高橋雅紀がフリーランスとしての気づき、映像制作、シナリオ作成のTipsなどを紹介しています

手早く、かっこよく、動画を作りたい!定額素材販売サイトを3つご紹介

るかっち(@rukacchi1)です。

手早く、かっこよく、動画を作りたい!
そんな時に重宝するのが、 ロイヤリティーフリー素材の数々。

写真やイラスト素材はもちろんの事、最近では3Dモデルや楽曲、ワードプレスのテーマに至るまで、 ありとあらゆる物が、素材サイトで取引されています。

今回はその中でも、スタジオランチボックスでよく使用しているロイヤリティフリーの素材サイト3つを、 ご紹介してみたいと思います。

 

 

 

『シャッターストック』動画・画像 素材ダウンロード

デザイン会社、制作会社とお仕事する際に、
いただく事が多いのがshutterstockさんの素材

僕もインフォグラフィックス系のアニメーション作成時に使用させていただいてます。
先日作った営業用のサンプルでも、shutterstockさんの素材は大活躍!

月額ダウンロード点数に応じて、料金設定が違います。
最安値(月額10点ダウンロード可能)は3,500円から!
僕もこちらのライセンスに加入しています。

画像素材【PIXTA】

国産のフォトストックサイトとしては最もメジャーな所ではないでしょうか。

動画、イラスト、写真などを扱っていますが、
僕はお世話になっているのは、もっぱら写真。

日本人の写真素材の豊富さ、クオリティの高さは他の追随を許さない感じです。
同様にイラストに関しても、日本受けする「カワイイ」イラストが多数あります。

月額定額制は用途に応じて三種類で、 最低プランはほぼ4,000円(月額10点ダウンロード可能)から。

Envato Market

f:id:rukacchii:20180517104849j:plain

 だいぶ前からお世話になっている、Envato Market。
ワードプレスのテーマや、スクリプトコード。グラフィックや写真素材など一通り全網羅されている、巨大なロイヤリティーフリーサイトです。

僕は、Audio Jungleという、ジングルや効果音、楽曲販売をしているマーケットを頻繁に使用しています。 Envato Market自体には、月額定額制はないようですが、Envato Elementsという姉妹サイトでは、 写真、グラフィック、フォントなどが月額29ドルで、無制限にダウンロード可能な他、 同じく姉妹サイトのEnvato Tuts+のeラーニングも受講できるそうです。

各サイトの定額制の比較

各サイトごとに少しづつ補足したように、素材サイトが乱立する中、 どのサイトも顧客囲い込みなのか、定額制サービスを作っています。 価格、ダウンロード件数なんかを比較してみました。

サイト Envato Elements Pixta shutterstock
価 格 29ドル(3,200円程度) 3,888円 3,500円
ダウンロード件数 無制限 10点 10点

※2017年8月27日現在

なんかこれだけ見ると値段ほぼ一緒なら、Envato Elementsの無制限ダウンロードが一番おいしいんじゃないかって気がしますね。

使った事ないんで、写真や素材の質についてはなんともいえませんが。

ちなみにどのサイトも、素材の提供者をオールタイムで募集していますので、 購入者としてだけでなく、販売者としてこういうサイトを利用する手をあるかもしれません。