仕込みの時間

フリーランス3年目の映像クリエイター。スタジオランチボックス主宰の高橋雅紀がフリーランスとしての気づき、映像制作、シナリオ作成のTipsなどを紹介しています

休む勇気が必要だ

年度末なので、さすがのボクも忙しい。

スケジュール帳がビッシリ仕事で埋まっているのを見ると思わず「うへぇ」とうめき声が出てしまい、せめて一日のんびり本でも読んで過ごしたいなぁ。

と思ってしまうが、そうは簡単な話では……。

ない。

 

今年は年明け、わけあってしばらく暇だった。

ざっと2週間から3週間くらい、いわゆる受注案件のない時期があった。

だからやろうと思えばそのタイミングでいくらでもできたのだ。

 

一日、カフェはしごして本を読んで過ごす事も。

2週間くらい海外でショートステイする事も。

 

やろうと思えば時間は幾らでもあったのだ。

にも関わらず、いざ仕事のない時期には「仕事がない」という状況に萎縮して「遊んでいる場合ではない」という気持ちが強くなる。

結果、仕事があるときよりも規則正しく出社して、営業周りの事をやっていたり、長編の事や、上映会の事、ブログ書いたり、短編小説書いたりする。

 

そうこうする内に仕事の話が舞い込んできて、気がつけば貧乏暇なし年度末。

という今の状況になっている。

もちろん仕事をいただけるという事はありがたい事ではあるけれど。

仕事がぽっかり空いたときに勇気を出して、キチッと休む。

という勇気をそろそろ身につけないといかん。

と、思った。

 

どうだろう……。

次に仕事が空くのは例年どおりならGW開けだと思うんだけどなぁ。


f:id:rukacchii:20190225011932j:image

と、言いつつお好み焼きを友人諸氏と食べてきた^^