仕込みの時間

フリーランス2年目の映像クリエイター、るかっちがフリーランスとしての気づき、映像制作、シナリオ作成のTipsなどを紹介

ランサーズ内での実績ゼロ。そんな人こそサンプルを充実させて「直接依頼」を狙うべき

f:id:rukacchii:20180613220921j:plain

※この画像はシャッターストックの画像編集ツールで作成しています。

 

るかっち(@rukacchi1)です。

駆け出しにせよ、ベテランにせよ。

フリーランスとしてお仕事している人だったら「クラウドソーシング」という言葉を聞いた事はありますよね? 

足を使った営業活動には限界のあるフリーランスにとって、多様なバックボーンを持つクライアント様と出会える(かもしれない)のは魅力です。

反面、ギャラの安さに二の足を踏んでいるフリーランスは多いはず。

 ボクもクラウドソーシング大手、ランサーズに登録して案件をいただいてますが、正直この一年程、

 

ひとけた万円未満のお仕事はしておりません

 

はい。ひとけた万円未満のお仕事はしておりません。

 

こなした案件数は少ないながらも、ご依頼主からは好評をいただいています。

獲得報酬が上位20%(カテゴリーごと)にないと登録されない認定ランサーにもしていただいてます(2018年6月現在)。 

今回は、そんなボクのクラウドソーシング活用術を紹介します。

※ボクはランサーズ以外のクラウドソーシングを活用していません。以下の内容は2018年6月現在のランサーズ限定だとご理解ください。

※またボクはランサーズの関係者ではないので、以下の情報は利用者として自分が遭遇した範囲の物である事もご了承ください。

狙ったのは「直接依頼」

ランサーズでお仕事をいただく方法は大きくわけて3つ。

  1. ボクらフリーランスが自分とマッチングしそうな案件を探す
  2. クライアント様が複数のランサーに自分の案件情報を伝え入札を促す 
  3. クライアント様が特定のランサーに案件について相談をする 

 

クラウドソーシング」という言葉からイメージされるのは

 

「1。ボクらフリーランスが自分とマッチングしそうな案件を探す」

 

だと思いますが、ボクはこの方法でほとんどお仕事を得ていません。

 

この手の公開案件は、当然ながら他のランサーさんも提案を行います。

多い時には数十件の提案が、たった1つの案件に集まります

こうなるとランサーとしての実績が豊富にあるか、信じられないくらい安く請けるか。

どちらかに舵を切らないと選んでいただくのは難しいと思いました。

 

「2。クライアント様が複数のランサーに自分の案件情報を伝え入札を促す」

も自分で案件を探さないという事以外、1と大きく変わりません。

最終的にはランサーズ内の実績か価格で選ばれる世界になるでしょう。

 

「3.クライアント様が特定のランサーに案件について相談をする」

今に至るまで、ボクは案件のほとんどをこの「直接依頼」と呼ばれる方法で受注しています。 

この方法でのご依頼は

  • 競合がいない(または少ない)。
  • 依頼主がランサーをスクリーニングした上で、ボクに仕事を相談してくれている。

上記2つの理由から価格競争が発生しづらいと感じます(価格交渉は起こります)。

クライント様の方からのアクションなので、やりとりが密になり、案件について詳細な情報やご意向を窺う事ができます。

結果、的確なご提案ができるようになり、提案の信用度が高まり、高い確率で受注につながる

という流れでお仕事をいただけているのかな?と自分では分析しています。

 

ではどうやれば「直接依頼」のお声がけをいただけるようになったのか?

いくつか考えられますが、最も大きかったのは

載せられる実績サンプルを、どんどん、躊躇なく載せていった

事かな?っと思っています。

 

直接依頼をかけてくるクライアント様は、自分が依頼したい案件についてしっかりとしたビジョンをお持ちのことが多いです。

自分が案件で達成したい事はなにかを理解し、それを達成する能力を持ったランサーを探しています。

通常、クライアント様がランサーの能力を見極めるのに必要なのは

  • サンプル
  • プロフィール
  • 過去の顧客からの評価

の3つではないでしょうか?

自分の経験からいってもサンプルの影響力は侮れません

 

そもそも趣味だった映像制作を副業にできたのは、YouTubeに公開していた作品を見て「ウェブCMを作って欲しい」と言ってくれた方がいたからなので、ボクはサンプルの威力を、フリーランスになる前から実感していました。

 

今でこそ、お客様からの(評価の高い)お声も増えてきましたが、フリーランスになりたての2年前は何もなく、ただサンプルだけがボクの動画クリエイターとしての能力を証明してくれるものでした。

そりゃ必死でかき集めます! 

  • とにかく趣味で作って賞を頂いたもの。
  • 友人や知人に頼まれて焼き肉一回で作成した広報動画。
  • 副業として安価に受けたウェブCMなど。

掲載可能なサンプルは片っ端から掲載しました。

結果的には、これがボクの動画クリエイターとしての能力をアピールする事になり、クラウドソーシング上での実績が皆無だったボクでも「直接依頼」をいただけた理由じゃないかと思っています。

冒頭にも述べたように「クラウドソーシングがギャラが安い」という先入観から登録すらしていないクリエイターも多いと思いますけど

やり方次第で、それなりのギャラのお仕事と出会う事はできるので、登録だけでもしてみてもいいんじゃないかなって思いましたよっと。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズ。登録は無料です。するだけしてみてはどうでしょうか? 

るかっち(@rukacchi1)でした。